ブログ

3.11 〜新型コロナウイルス… 負けずに2021春夏物企画!

2011年 3月11日の東日本大震災から早9年…。

 

3.11震災の当日は、他のメンバーと共に京都から東京へ出張をしており、商談の最中に地震に遭い、あまりの揺れの激しさに驚愕しつつも、その日は交通機関も全てストップしてしまい、また電話やインターネットもほとんど使い物にならずに、東京の狭い事務所で朝まで耐え忍ぶことになりました。震源地が宮城沖ということも後からわかり、津波の映像もショッキングで未だに目に焼きついています。

 

その後しばらくは、飲料水や、携帯用のバッテリーが不足する等かなり不便をしばらく感じました。

 

2020 年は、東京オリンピックイヤーで、スポーツを中心に様々なイベントで日本国中が盛り上がる予定でしたが、年明けからの新型コロナウイルスの影響が拡大するばかりで、今はマスクや、トイレットペーパー、消毒剤等が店頭から姿を消しています。学校も休校になり、卒業式や、謝恩会等の行事も中止や、自粛ムードとなり、本来ならこの時期のマーケティングには不可欠な入学〜卒業向けの衣料も苦戦を強いられる厳しい状況となっています。更に、史上初という、センバツ高校野球の中止も本日発表されました。中国、日本、韓国や、イタリアでも感染が拡大しており、事態の収束にはまだまだ程遠いように思います。

 

弊社のお得意先様でも、例年開催される3月の秋物展示会も来客がかなり減っている状況の様子で、受注にも直結しそうです。

 

中国・韓国での生産・物流にもかなり影響が出ており、様々な面でシフトチェンジが必要となってきています。まずは、日々のケアーを徹底しつつ、秋冬物商戦に向けての組み立て直しと、2021年春夏物の企画を並行していく必要が出てきました。

 

しばらくはまだまだ厳しい状況が続きそうですが、いかにしてポジティブな方向に企画も、マインドも持っていけるかがポイントになりそうです。

 

9年前も厳しい状況からなんとか立ち直ったように、今は耐え忍びつつも、この状況を踏まえた変化にいかに対応していけるかを考えて組み立て直しをする時かと感じます。

 

ファッションにできる事を考えて、みんなで乗り切れるように努力したいと思います。

 

5月に開催予定の「PTJ」展にも初参加させていただく予定でただ今準備も進めております。

「新しいアルテックス」をご提案できるようにとメンバー一同張り切っております。

 

乞うご期待よろしくお願いします!

2020.03.12

2021 春夏企画のスタート!

2020年2月4日〜イタリア・ミラノで、2021年春夏物企画向け素材展「milanounia」展がスタートします。また、来週2月11日〜フランス・パリで「プルミエール・ヴィジョン」展がスタートし、2021年の春夏物に向け、素材開発・仕入れも本格的になるシーズンとなりました。

しかし、その後、3月11日〜中国・上海で開催予定であった「インターテキスタイル上海」展は、現在世界的な問題となっている、新型コロナウイルス感染の危険性を考慮し、昨日開催を延期することが正式に発表されました。次回開催日程は未定とのことです。

我々、日本のメーカーとしても、かなり中国での生産に頼っていたこともあり、現在は春節休みの中ですが、今後の方向性次第では、様々な対策を検討していかないといけない状況となってきました。とはいえ、なかなかすぐにリカバリーすることは難しいようにも感じますので、なるべく早く事態が収束に向かうことを願っております。

素材開発や、ファッション界でも「サステイナブル(持続可能性)」が本格的な、トレンドから、必須事項に急激に流れており、この素材展以降は、よりその流れも加速していく事が予想されます。糸、織り、編み、染め、加工に至るまで、いかにそのテーマに準じているかが問われる事になってきます。単なる合言葉では無い、リアルなサステイナブルを川上〜川下まで連動して具現化する「ワンチーム」で取り組んでいかないといけない時代になってきています。

 

弊社は、その流れの中でも「遊びゴコロ」をプラスアルファした企画を得意としています。「真面目に遊ぶ」感じを表現していけるような企画・開発を心がけて2021年春夏物企画に挑んでいきたいと思います!

乞うご期待よろしくお願いします〜!

2020.02.04

2020年 東京五輪イヤー!

2020年 あけましておめでとうございます!

本年もよろしくお願いします。

子年の今年は、遂に東京オリンピックが開催されますネ〜!

新国立競技場も、元旦のサッカー天皇杯決勝戦、ヴィッセル神戸 VS 鹿島アントラーズの試合でこけら落としとなりました。

弊社の東京オフィスも、競技場から近くにありますので、オリンピック開催中は移動や、宿の確保、物流等も含めてかなりの混乱が予想されますが、東京近郊は全体的に大変な状況になるでしょうネ〜^_^; …ちょっと心配…。

 

ただ、「スポーツの祭典」を身近で味わえる貴重な時間を楽しみつつ、盛り上がりに期待したいと思います。

 

ファッションもスポーツと連動したコラボレーションや、タイアップ企画や、機能性素材・加工等増えてきています。

2020年の夏はいつもよりもスポーティーなファッションや、カラー、柄にも是非チャレンジして、ビッグイベントを盛り上げたいですね〜!

まずはオリンピックの成功を祈りつつ、スポーツも、経済も盛り上がるような一年になりますように期待したいと思います!

 

また、2月に入ると、2021年の春夏物企画に向けた、欧州でのテキスタイル展示会もスタートを切ります。新鮮な企画を組み立てられるようにそろそろウォーミングアップを始めたいと思います!

 

 

2020.01.10

紅葉+ライトアップ!

令和元年も、早いもので師走となりました!

京都の紅葉の季節もそろそろ終わりそうな今日この頃です。

先日、東寺で行われていた紅葉を夜に楽しむ、ライトアップにいってきましたが、普段の五重の塔の表情とは一味も二味も違う、幻想的でエレガントな雰囲気がありました。

(ライトアップイベントは先週まででしたので、興味のある方はまた来年に〜^_^;)。

特に、池に映る五重塔と紅葉のコントラストはムード満点でした。

 

こういった、角度を少し変化させたり、見せ方を工夫することでサプライズが起きたり、新しい発見があることを改めて感じました。

 

我々の企画にも同じ事が言えると思います。一味違う「遊びゴコロ」を忘れずに企画開発をしていきたいナァ…。と、改めて感じた次第です。

 

年が明けると、2021年の春夏物企画の準備も始まります。が、まだまだ秋冬物企画も充実させていきたいと思います。

四季の移り変わりや、空気を感じつつ、ご提案に活かしていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

 

 

2019.12.14

令和元年も、残りわずか!

京都も、暑く長い夏が過ぎ、やっと秋に突入しつつあります。ジャケットや、軽めのコートが活躍できる季節になってまいりました。

 

紅葉も始まり、観光客の皆さんもどんどん増えてきています。テレビでも京都を特集する番組も増える時期で、土日は京都市内も大渋滞です! …なるべく公共交通機関でお越しください〜^_^; …と、言いつつも、バスや地下鉄も満員だったりしますので、もう少しこの辺りの対策は必要かと思いますが…。

しかし、11月の終盤で、やっと秋らしい(?)気候では、後一か月で年末〜お正月!令和二年になります。が、年が明けると、セールも始まりますので、日本における「冬物商戦」企画は年々難しくなっているように感じます。

 

亥年の令和元年は、台風や、大雨等の予想外の自然災害も多く、また、消費税増税があったり、特に小売は厳しい年になりました。

 

令和二年には、東京オリンピックが開催されます!

やっぱり、明るいニュースや、雰囲気、空気感がないと、ファッションを楽しむマインドにはいかないと思います。

 

当社も、2020〜21年秋冬物企画に向けた提案も佳境に入ってきております。

売れにくい時代にも、手にとっていただけるような商品企画を目指して、皆準備しておりますので、秋冬物もよろしくお願いします〜!

 

*先日、葉っぱが、なんとなく「ハート」型になってて、ちょっぴり癒されました^_^;

 

 

2019.11.26

Vintage Print!

東京 渋谷のハロウィーンは年々コスプレ祭のようになり、本来の意図とは違ってきているような気もします^_^;が、事故無く楽しむ分には活気があってイイですかね〜?

(オジサンにはちょっとキツい感じではありますが…。)

 

令和元年の秋冬物企画では、例年以上に様々なプリントが店頭を彩っており、カラーも、ブラウンや、ベージュ系が新鮮にみえます。

プリントは、ワンピースアイテムも多く、モチーフは「ビンテージ調」がキーワードになっています。アンティークなスモールフラワーや、ジオメトリックが気分ですネ〜!

 

気温もやっと朝晩は涼しい日も増えてきましたが、イイお天気の日は日差しがまだまだ強い日が多く、本格的な秋冬物投入には至っていないような…?!

 

日本のこのような気候を見据えつつ、店頭で売れる企画の一つとして、やはりプリントもキーポイントになってくるので、当社らしいコダワリと、お客様が今揃って口にされる「若さ」をいかにハイブリッドできるか?

…2020 年 秋冬物企画に向けてプレゼンテーションも真っ盛りとなってきました。プリントや、ジャカードのテクニックに、新しい感覚の意匠で提案していきたいと思いま〜す!

 

 

2019.11.01

2020〜21 AW 企画!!

欧州からスタートを切った2020〜21AWのテキスタイル・素材展示会も一巡し、先週には、中国・上海でのインターテキスタイル展も終了しました。

このところのメイントレンドとしてキーワードになっていた「サステイナブル (持続可能性)」が、一トレンドではなく、真剣に、また早急に対応しなければならない世界的なテーマとなってきています。

特に欧米での商談では、糸の選別・染料・加工手法・仕上げの全ての工程において、まずは「サステイナブル」であることが必要最小限の条件となり、その条件に満たない素材はテーブルにも乗らなくなっています。

片面で、我々の現状のビジネスでは、まだまだそのような「サステイナブル」な取り組みとは程遠いような「原価率を守るためのコストカット」ということに縛られていることも多くあります。

世界的な大きな流れとはかけ離れた「日本独自の基準」というもの自体が世界から見るとガラパゴス化し、急速にその格差が拡大してきているような懸念も感じます。

企画開発を進めていくにあたっても、

「作り方」

「売り方」

「管理の仕方」

「物流」

に至るまで、旧態依然としたアタマでは理解できないような事にももっと目を向けてビジネスを根本的に組み立て直さないと、未来には生き残れない時代に本格的に入ったシーズンが今シーズンであるように感じます。

2020〜21 AW企画開発も本格的になってきました。大きな課題も感じつつ、得意の意匠素材で勝負できるような組み立てをより意識して進めていきたいと思います。

プレゼンテーションもそろそろスタートを切りますので、取り組んでいただいているブランド様と一緒に作り上げていけるような企画開発を続けていきたいと思いますので、今シーズンもよろしくお願いします〜!!

2019.09.29

Autumn Leaves🎶

京都は8月16日の大文字と共にお盆が終わり、夏の高校野球大会、地蔵盆が終わると、子どもたちの夏休みも終わり今日から2学期の始業式が始まりました!

ちょっと前までは騒がしいくらい鳴いていた蝉の大合唱も少なくなり、赤とんぼを目にする時期になりました。

朝晩もすっかり涼しくなり、過ごしやすい日が増えてきました。

店頭も秋冬物に切り替えが進んでおり、年々猛暑の影響が激しくなる夏物に連動し、残暑が続くと秋冬物への移行が難しい部分がありますが、涼しくなると一気に秋の色合いや、装いが恋しくなるものです。

食卓も、松茸を筆頭に味覚は秋に切り替わってきています。

私は音楽も好きなので、この時期は秋らしいシックなジャズも聴きたくなります。

 

ファッション・グルメ・ミュージックも含めて、トータルで秋の雰囲気を味わえるシーズンが、京都の風情には似合うように思います。

我々の企画開発は、2020〜2021年の秋冬物企画に入っていきます。

ヨーロッパの素材展示会も秋冬物が真っ盛り!

イタリア・ミラノで開催されたミラノウニカも終了し、9月には、フランス・パリでプルミエール・ヴィジョンが開催されます。

糸・素材・加工も含めて、「サステイナブル」が加速しています。作り方にも拘りながらも、当社の場合は「遊びゴコロ」を忘れずに、「Autumn Leaves」でも聴きながら、先斗町でも散策したいところですネ〜!

2019.08.27

令和は冷夏!?

京都は、7月のメインイベントである、「祇園祭」もようやく終わり、梅雨が明けると、本格的な京都の蒸し暑〜い^_^;夏到来です!

 

しかし、この暑さもやっと来たか?と言うような感じで、ファッションの売り場がセールをスタートした時期は日照時間が少なく、朝晩は涼しくて、「冷夏」となり、夏物の販売は苦戦したのでは無いでしようか?まだ、春〜初夏企画の商品で動きがあるか、プロパーの初秋物で構成されている店舗も多かったように感じます。

 

そして、すっかり夏到来となったこの時期は、セールも終了してしまうという感じで、「今、夏物あったら買うのに!」といった感じの微妙なズレがあったように思います。気候と、セール時期とのギャップが今シーズンも大きく影響したように感じます。

 

また、購買する側から考えると、本当に欲しいアイテムや、本当に欲しいブランドの物はセールに関係無く、自分のサイズ・カラー等を吟味して事前に計画的に購入しているのではないかと思います。

 

昔のようにセールに行列が出来るようなこともあまり目にする機会が減っているように感じます。

高級ブランドの商品を安く購入し、転売目的?のような外国人観光客(バイヤー?)が、有名百貨店のセールの時期に合わせて来店し、購入されているシーンは良く見かけるようになりましたが…。

 

気候とシーズンマーケティングのギャップや、セール目当ての購買ということが、以前とは少しずつ変化してきていることで、企画をする側も本当に組み立てが難しくなってきているとしみじみ感じます。

 

いかに、プロパーで買っていただける商品を提案できるか?がポイントかと感じます。

 

訴求力があり、

コスパに優れ、

サステイナブルな背景の作りで、

鮮度があり、

若さがあり、

機能性に優れ、

尚且つオシャレに見える商品をいかに生み出していけるかどうか?

 

当社は、素材面・意匠面の切り口から

「本当に売れる商品」を追求していきたいと改めて感じます。

 

令和のスタートは冷夏でしたが^_^;やっと京都らしい夏を迎え、

そろそろ2020〜2021年の秋冬物企画に取り掛かりつつ、より吟味した企画を提案できるように「遊びゴコロ」に溢れた企画の準備をしてまいります!

 

春夏物企画もプリント・意匠素材を中心に絶賛売り出し中です〜^_^

 

暑さに負けずにがんばりますので、よろしくお願いします〜!

2019.07.30